日給制の給料形態を導入している職種の仕事について
TOPICS

日給と書いてあるとその日に給料がもらえるか

日給制の給料形態を導入している職種の仕事について
お金はいかに自分の手元に長くあるかがポイントです。実際に手元になくても自分の預金口座などに入っていれば手元にあるのと同様になります。何かの支払いをするならできるだけ先に延ばした方がよいでしょうし、もらえるものならできるだけ早くもらった方がいいでしょう。ただし先延ばし、先もらいで金利が発生する場合はそれを考えて判断しなければいけません。どうしてもお金がいる場合は多少割引されても早く受けた方がいいことがあります。

アルバイトを選ぶときによくあるのが日給制です。これならすぐにお金をもらうことができると考える人も多いでしょう。実際そのような制度のところもあります。しかし必ずしもこの言葉がその日ごとに支払うことを意味してはいません。同じ言葉として日払いがあります。こちらと並べて書いてあれば多くの人は日ごとに支払ってくれると考えるでしょう。

日給制と日払いはほぼ同様の意味です。どちらも1日ごとに給料が決まることを意味し、1日ごとに給料の支払いをすることを意味していません。1日ごとに給料をもらいたいなら即日払いとなっているところを見つける必要があります。会社によっては即日払いのつもりで火払いとしているところもあります。