日給制の給料形態を導入している職種の仕事について
TOPICS

日給制の場合は残業手当は発生しないか

日給制の給料形態を導入している職種の仕事について
労働時間には所定労働時間と法定労働時間があります。所定労働時間はそれぞれの会社が就業規則などで決めます。1日であれば法定労働時間の8時間を超えることはできませんがそれ以下なら自由に決めることができます。法定労働時間は1日8時間、1週間40時間で労働基準法で決められた時間になります。この労働時間は残業などをしたときにかかわってくることがあるので注意しなければいけません。

日給制で働くとき、残業手当がどのようになるかです。ある会社では9時から17時まで、1時間休憩で1日の給料が決められていました。7時間です。あるときに18時まで仕事をしたとします。このとき残業手当が発生するかどうかです。このときは所定労働時間を超えているのでその分の残業手当が発生します。払われていなければ請求が可能です。

会社側が勘違いしているのは法定労働時間を超えなければ払わなくても良いとの見解です。それは間違いです。法定労働時間を超えると通常の残業手当に加えて割増賃金も追加になります。会社がどうしても残業代を払いたくないなら1日の所定労働時間を8時間ぎりぎりにしておくことです。17時まで働こうと18時まで働こうと同じ賃金しか払う必要はありません。